看護師という職業について

看護師の資格があると就職は意外と楽にできる

「看護師」という職業は、医師や患者さんをサポートするといった人の助けになる立派な職業です。

今の時代、就職難と言われていますが、看護師なら職探しに困りません。

派遣や臨時などもあります。もちろん正社員としての求人もたくさんあります。

そのかわり仕事内容はとてもハードです。忙しく疲れるということもありますが、安定したお給料も頂けます。

勤める場所としては、病院やクリニック、診療所、事務系など様々な職場を選べますが、条件を欲張らなければ簡単に就職できるでしょう。

そして、仕事を続けていくと経験も積んで役職など、自身がキャリアアップし、認定専門看護師にもなれるメリットがあります。

専門分野で豊富な知識と技術を身につければその地位も保証されます。

人を助ける仕事は夢があります。

社会的に見ても人を助けるお仕事は好感度も高いですよね。看護師の方は、皆さんに褒められる職業ではないでしょうか。

看護師は患者さんと一番近い距離にいるため、親しみやすく頼りにされます。この職業は人に感謝されるやりがいのある職業と言えます。

これからの日本では、ご老人が多くなる社会を迎えます。ですから、看護師の資格は絶対に損はないと思います。特に若い方にはおすすめの職業です。

参考:看護師になるには大きく2つの道がある

大学病院も、小さな診療所も働きがいはある

医療に関わるお仕事の看護師ですが、資格があれば知識や経験などもあり就職には困らないことでしょう。

これからの日本、高齢化社会になる日本にとってこの資格を持つ方は貴重な宝です。

これからは、看護師様様になることでしょう。そのため看護師は、まだ不足していて求人は尽きることがありません。

これからご自分のお子さんや孫に看護師になるようおすすめしてはいかがでしょうか。

私は大学病院をイチオシしますね。

大学病院は患者さんの人数によって看護師が配置などを考えなければなりません。また、患者さんの健康管理や処置などもこなし、医療のレベルもUPします。

技術や経験を学ぼうとするならば大きな大学病院か総合病院で勤めると、とても参考になり知識がつきます。

診療所やクリニックでは、患者さん一人ひとりをしっかりサポートできる規模が小さい医療系の看護師求人もあります。

医者や患者のサポート、お手伝いをすることは大きい病院も小さい病院も変わりはありません。

小さいところでは何よりフットワークが必要で、豊富な知識と経験が役に立つでしょう。

また、企業や会社なども看護師の求人があり、社員さんの健康管理をチェックするなどのお仕事です。

看護師という職業は勤め先はたくさんあります。

看護師という仕事は素晴らしい

正社員として働く看護師さんは、常にハードワークという状況です。

その結果、自分の生活スタイルも不規則になりがちで、そのバランスを保つことにも苦労があるようです。

ゆっくり家族や友人等と、自由に過ごせる時間も多くはありませんし、休みに関しても、GWや盆暮れ正月なども全く関係ないです。連休も取りづらいですからね。

プライベートが充実することは少なく、仕事のストレスや疲れなどが残り、休日も1日中寝っぱなしで過ごすなんて当たり前です。

それでも資格というものがあり、国からちゃんと認められた職業です。仕事的には、人の健康を支えサポートをするという素晴らしい職業です。やりがいがある仕事です。

人に感謝される職業とは世の中に多くはありません。看護師はその数少ない感謝される職業のひとつです。

お世話好きの方は看護師の職業がおすすめ

医師や患者さんをサポートするという仕事は、心身共に大きな負担がかかります。

でも、その大きくかかる負担以上にやりがいがある職業でもあります。これは個人的な意見ですが、子供やお年寄りとか誰それ区別なく世話をやける方は看護師にむいていると思います。

働く看護師さんからの声
「健康になっていく患者さんをみると嬉しくなる」
「口うるさい患者さんも、退院時は笑顔でありがとうと退院していく」
「頼られるのが嬉しい」
などなど。

お世話好きの方や、誰かに奉仕することで満足感を得られるという方には、看護師という職業をおすすめします。

苦しむ思いもありますが、それ以上に嬉しくなる思いは何百倍もあります。白衣の天使を目指しましょう。

パートの看護師さんもいろいろ大変みたい

正社員の看護師として働くことができない人もいます。その理由の多くは「家事や育児との両立が難しい」という点です。

そして、こういった状況でも看護師として働きたいという方達は「パート看護師」という働き方を選択します。

仕事とプライベート事情のバランスを上手に保つために、仕方なくこういう働き方にならざるを得ないといった状況で、その苦労は想像を絶するものでしょう。

無理に働こうとすると、やはり負担が大きいようで、働く時間と家庭の時間を分けられるパート看護師を選ぶようです。

パート看護師は、勤務日数や時間に融通が利く働き方ができます。

勤務時間が自由といったことになるので、プライベートで何らかの事情がある場合はこの働き方を選ぶ看護師さんが多いです。

夜違う仕事といった副業をしたり、家庭に入ったりと自由です。

正社員として働く場合は、経験や豊富な知識などを活かし研修、委員会などに参加して後に役職に就く看護師もいます。

働いていくことで負担が増えていくこと、キャリアがUPしていくことも良い事ですが、どちらを選ぶかは自由ですね。

関連情報

1位 看護のお仕事 看護のお仕事のおすすめポイント 看護師専門コンサルタントのサポート力は業界トップクラス 待遇の交渉もコンサルタントが代わりに行ってくれます 登録無料で応募者には非公開求人をご紹介 全国12...
2位 ナース人材バンク 看護師の転職なら「ナース人材バンク」がおすすめです 「看護師」は、多くの方が憧れる夢の職業ですが、実は転職率が高いです。 勤務時間が長すぎる労働環境、お給料や年間休日といった待遇面、自分のキャ...
3位 マイナビ看護師 マイナビ看護師のおすすめポイント 転職求人サービスに特化した大手企業が運営 全国17ヵ所に支店を設け、初心者でも安心してサポートが受けられる 最新の求人情報、質の高い求人や非公開求人が多数...
Scroll Up